箱根を周る楽しさがここに

見つける

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。

スポットを探す

モデルコースを探す

特集を探す

イベントを探す

エリアから探す

スポットを探す

--件

モデルコースを探す

--件

特集を探す

--件

イベントを探す

--件

エリアから探す

エリアに関するモデルコースや特集記事、イベント情報がみつかります。

御殿場 仙石原 強羅 大桶谷・桃源台 宮ノ下・小桶谷 元箱根・箱根町 旧東海道 箱根湯本・塔之沢・大平台 小田原

特集

特集|2020.03.16

華やかな春を満喫。箱根の桜の見所スポット紹介

ISSUE

箱根ではスポットごとにソメイヨシノ、シダレザクラ、マメザクラ、ヤマザクラなど、様々な種類の桜を楽しむことができます。また、湯本~芦ノ湖周辺へと桜前線が移動し、3月下旬から4月下旬頃まで約1ヶ月かけて桜が楽しめるのも、箱根の桜のポイントです。
※ 見頃については例年の目安です。今年の開花状況は開花情報ページをご覧ください。

宮城野エリア

宮城野(見頃:4月上旬~中旬)

画像提供:嶋写真館

河川岸を彩るソメイヨシノの桜並木

早川沿いにソメイヨシノの桜並木が約450メートルも続き、川のせせらぎを聞きながら満開の桜の下を散歩することができます。4月上旬に開催される「桜まつり」の期間中はライトアップされ、昼間のうららかな表情とはまた違った、幻想的な夜桜が楽しめます。
桜の種類: ソメイヨシノ、シダレザクラ
※2020年の「桜まつり」と「ライトアップ」は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止になります。

ココも見所スポット!

箱根登山バス「宮城野」バス停で降りるとすぐに、138号線沿いに咲く色鮮やかなシダレザクラを見ることができます。シダレザクラは平安時代から親しまれてきた昔ながらの桜で、濃いピンク色の花は優美で艶やか、ソメイヨシノとはまた違った魅力です。

箱根町宮城野・木賀観光協会スタッフさんのおすすめポイント

早川堤に咲くソメイヨシノは川沿いに植えられており、樹齢70年余りになる桜並木です。早川に沿ってゆっくりと歩きながら楽しめると、毎年たくさんの方にお越しいただいています。4月上旬から中旬にかけて行われる「桜まつり」の期間中は、早川沿いの桜並木とともに138号線沿いのシダレザクラもライトアップしますので夜空に浮かび上がるような幻想的な桜もお楽しみいただけます。昼も夜もそれぞれ異なる趣の桜をぜひご覧ください。
※2020年の「桜まつり」と「ライトアップ」は新型コロナの影響で中止になります

強羅・小涌谷・早雲山エリア

早雲寺(見頃:3月下旬〜4月中旬)

箱根湯本駅から歩いて15分のところにある「早雲寺」では、数種類の桜が見られます。紅枝垂れ桜が3月下旬に見頃を迎えたあと、本堂前の大島桜と中門前のソメイヨシノが咲き、寺内全体が春爛漫な雰囲気に包まれます。毎年近所の方々が花見の小宴をして楽しむのだそうです。4月中旬には御衣黄と言う薄い緑色の桜、そして鬱金の桜と呼ばれる薄い黄色の桜が満開となり、拝観に訪れた方々の目を楽しませてくれます。

箱根強羅公園(見頃:4月上旬~中旬)

大正3(1914)年に誕生した日本初のフランス式整型庭園で、ソメイヨシノ、ジュウガツザクラ、シダレザクラ、マメザクラなど、多種多様の桜を見ることができる桜の名所です。箱根で数本しか確認できていない非常に珍しいヤエマメザクラもご覧いただけます。
桜の種類:
ソメイヨシノ、ジュウガツザクラ、シダレザクラ、フジザクラ、ヤマザクラ、カワヅザクラ、コヒガンザクラ、ヤエマメザクラ、オカメザクラ、センダイザクラ、オオシマザクラ

箱根強羅公園スタッフのおすすめポイント

強羅公園には50本近い桜の木があります。4月上旬頃から4月中旬にかけて、カワヅザクラ、コヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラというように、次々と花が咲き、フランス式庭園を華やかに彩っていきます。噴水の周りのコヒガンザクラと駐車場から見える大きなシダレザクラも見どころですが、早雲山、明神が岳、明星ヶ岳を背景にお花見ができるところが、強羅公園の桜の一番の魅力ではないでしょうか。

箱根小涌園 蓬莱園(見頃:4月上旬~中旬)

小涌谷温泉の老舗・三河屋旅館の創業者・榎本恭三が、大正のはじめに開いた約5,000坪の庭園で、自由に散策することができます。園内に咲き誇るソメイヨシノをはじめ、周辺の山々を彩る桜も楽しめます。
桜の種類: ソメイヨシノ

元箱根・箱根町・畑宿エリア

和心亭 豊月(見頃:4月中旬)

芦ノ湖を一望できる温泉旅館「和心亭 豊月」。玄関前には、八重のしだれ桜がそびえ立ちます。見頃の時期には、桜の下で記念写真を撮影する宿泊者で賑わうそうです。箱根の山々全体の桜が綺麗に見頃を迎える時期に、周辺の恩賜公園や箱根園へ訪れて箱根らしい花見を楽しんだあと、「和心亭 豊月」を利用するのがおすすめです。

恩賜箱根公園(見頃:4月中旬~5月上旬)

富士山を正面に芦ノ湖を見下ろすパノラマのような景観で、「かながわ景勝50選」のひとつにも選ばれています。特に、湖畔展望館2階のバルコニーからの眺めは圧巻で、富士山をバックに咲き誇る桜は、どこを切り取っても絵になります。手入れの行き届いた美しい園内では、情趣に満ちた散策を楽しむことができます。
桜の種類:マメザクラ、オオシマザクラ、ソメイヨシノ

恩賜箱根公園スタッフのおすすめポイント

もともと皇族の避暑や迎賓のために造られた旧箱根離宮があった場所が現在の恩賜箱根公園となっていますので、雄大な芦ノ湖や箱根外輪山、富士山などの景観を背景に鑑賞する桜は格別です。15ヘクタールを超える広大な公園内には約250本ものマメザクラを中心に、ソメイヨシノ、オオシマザクラなどいくつかの品種があり、箱根の中でも一番遅い時期まで様々な桜がたのしめます。

ホテルはつはな(見頃4月上旬~中旬)

四季折々に表情をかえる湯坂山に抱かれて優雅にたたずむ、「ホテルはつはな」。機能的で洗練されたホテルのサービスと情緒あふれる日本旅館のくつろぎを調和。さらに“女性にやさしい宿”として、スタッフがきめ細やかな心配りで接してくれるのでやすらぎのひとときを過ごすことができます。 桜の時期になるとエントランスや中庭に「ソメイヨシノ」、ホテル正面にそびえる湯坂山には群生する「ヤマザクラ」などが咲きます。また、レストランや客室などから外に目をむければ、目の前に佇む湯坂山に数多くの「ヤマザクラ」が。美しい須雲川のせせらぎや小鳥のさえずりを聴きながら、ホテルはつはなの「さくら」を楽しみましょう。

箱根園(見頃:4月下旬~5月上旬)

芦ノ湖湖畔の大きなオオシマザクラは雄大でおすすめの見所です。このオオシマザクラは、4月下旬が見頃のため、東京近郊では、5月の連休に桜が見れる珍しいスポットとしても知られています。「箱根園さくらまつり」も開催されます。
桜の種類: オオシマザクラ
イベント情報: 「箱根園さくらまつり」 4月18日(土)~4月30日(木)開催

箱根園スタッフさんのおすすめポイント

箱根園のオオシマザクラは1本の大木に見えますが、実は伊豆半島産の5本の木を寄せ植えしたものです。樹齢は約100年となり、こんもりと山型に張る枝ぶりは見事で22mにも及びます。開花は4月下旬で比較的遅めに見頃を迎えますので、お花見のチャンスを見逃してしまった方にもお楽しみいただけると思います。青く輝く芦ノ湖とのコントラストも美しく魅力的な桜ですのでぜひご覧ください。

箱根湯本・大平台エリア

入生田(見頃:3月下旬~4月上旬)

宮城野バス停シダレザクラ

長興山 紹太寺の枝垂れ桜は、小田原市指定の天然記念物になっており、「かながわ名木百選」にも選ばれています。樹齢約350年を超え、江戸時代の小田原藩主・稲葉正則が植えたと伝えられています。大きく八方にしだれ落ちる姿は荘厳でダイナミックです。
桜の種類: シダレザクラ

正眼寺(見頃:4月上旬~中旬)

「正眼寺」の創建は古く、鎌倉時代に地蔵信仰から生まれたお寺です。曽我堂に安置されている、曾我兄弟ゆかりの2体の木造地蔵菩薩立像は、神奈川県および箱根町指定の重要文化財となっています。境内に大きく枝を張る枝垂れ桜が見事です。
桜の種類: シダレザクラ
※曽我堂に安置されている木造地蔵菩薩立像は春と秋のお彼岸のみ公開されております。

正眼寺住職のおすすめポイント

3月下旬頃から境内のあちこちに次々と開いていく桜は昔の記録をもとに、先代が同じ場所に植えたもの。お地蔵様の頭にかかる枝垂れ桜は愛らしく、撮影スポットとしても人気です。傾斜のある参道を登りきると、曾我兄弟ゆかりの木造地蔵菩薩立像が安置されている曽我像があり、向いの山々、眼下の湯本の街並とともに枝垂れ桜を楽しむことができます。足湯はどなたでも無料でお使いになれますので、ぜひお疲れを癒してください。

大平台(見頃:3月下旬~4月上旬)

里内には枝垂れ桜が数多く植えられています。見どころは「仙元の泉」付近及び、箱根登山電車線路沿いです。
桜の種類: シダレザクラ

大平台観光協会長のおすすめポイント

華やかに咲きほこる100本のしだれ桜。大平台の春を彩るみごとな桜です。名水「姫の水」にちなんだ「姫乃湯」や、女性たちによる「姫太鼓」そして「大平台温泉姫まつり」など、”女性にやさしい温泉場大平台”。桜とともに皆様をお待ちしています。

小田原城(見頃:3月下旬~4月上旬)

小田原城天守閣の周辺やお堀などに約300本のソメイヨシノが一斉に咲く様子は見事で「日本さくらの名所100選」にも選ばれています。夜はぼんぼりが灯され、幻想的な夜桜がたのしめます。
桜の種類: ソメイヨシノ

小田原城天守閣館長 諏訪間 順さんのおすすめポイント

小田原城周辺は見どころが沢山ありますが、特に馬出門(うまだしもん)近くでお堀の水面に垂れ下がるように咲く桜が水面に映り込む様子が見事です。夜はぼんぼりの灯りに照らされ、昼とはまた違った情景です。今年は天守閣がリニューアルして初めて桜の季節を迎えますので天守閣にもぜひお立ち寄りください。

秩父宮記念公園(見頃:4月上旬~中旬)

秩父宮両殿下の別邸跡を整備した公園内には、築300年近くになる茅葺きの母屋や、秩父宮家ゆかりの品々を展示する記念館、秩父宮殿下の銅像などが点在しています。母屋を囲うように咲く樹齢130年余りのシダレザクラをはじめ10種類、30本の桜が楽しめます。
桜の種類: シダレザクラ、オオシマザクラ、スザクザクラほか

秩父宮記念公園 スタッフのおすすめポイント

「日本の歴史公園100選」にも選ばれた趣のある園内では、春になると園内がピンク色に色づき、茅葺母屋を囲うように樹齢130年余りの枝垂れ桜が咲き誇ります。その他にも10種類以上の桜がいたるところでお客様を出迎えてくれます。桜の他にも、春の庭園は華やかなので季節の草花で彩られた園内をお楽しみいただけます。







※2020年3月9日時点の情報です。

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。