箱根を周る楽しさがここに

見つける

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。

スポットを探す

モデルコースを探す

特集を探す

イベントを探す

エリアから探す

スポットを探す

--件

モデルコースを探す

--件

特集を探す

--件

イベントを探す

--件

エリアから探す

エリアに関するモデルコースや特集記事、イベント情報がみつかります。

御殿場 仙石原 強羅 大桶谷・桃源台 宮ノ下・小桶谷 元箱根・箱根町 旧東海道 箱根湯本・塔之沢・大平台 小田原

特集

特集|2019.05.21

旅だってヘルシーにこだわりたい!箱根の豆腐スイーツ&グルメ特集

ISSUE

楽しい旅には美味しいグルメが欠かせませんよね。「あれもこれもつい食べ過ぎてしまいそう…」なんて心配はご無用。実は、箱根にはヘルシーで美味しい食べ物がたくさんあるんです。今回は健康志向な女子にも嬉しい箱根の豆腐スイーツ&グルメをご紹介します。

田むら銀かつ亭の「豆腐かつ煮定食」

強羅で味わっていただきたいのは、田むら銀かつ亭の名物「豆腐かつ煮定食」(1,380円/税込)。強羅の老舗豆腐店「銀豆腐」でこのメニュー用に作ってもらった特製豆腐に、もち豚のひき肉を挟んであげた“豆腐かつ”を土鍋で甘辛く煮込んだ一品は、お腹も心も満たしてくれます。低カロリーなのにしっかりとタンパク質が取れ、満足感があるのに1,000kcal未満というのが魅力。もともとは、体調を崩した先代の女将のために作ったのが始まりとされる豆腐かつ煮。お店のメニューに加えると、若い女性を中心に話題となり、最近ではインスタ効果で海外にまで人気が広まっているといいます。豆腐だけでなく、とんかつメニューも人気で、日本三大豚を組み合わせた良いとこ取りのブランド豚「ルイビ豚」を使用した「ロースかつ御膳」(3,330円/税込)は、ジューシーなのに油っぽくない絶妙なバランスです。コレステロール値を下げると言われる米油を使用して揚げているのも体へ配慮したこだわり。がっつり食べても胃もたれしないのは嬉しいポイントです。

味の銘菓 手焼堂の「冷奴アイス」

箱根湯本商店街の一角にある手焼せんべいのお店「味の銘菓 手焼堂」から漂う醤油の香ばしい香りは、行き交う人々を誘っています。この店で味わえる豆腐スイーツが「冷奴アイス」(400円/税込)です。定番の「炭火焼せんべい付とうふアイス」をアレンジして生まれたこの変わり種メニューは、豆腐味のアイスにネギやかつおぶし、醤油をかけたもの。醤油をかけることでより豆腐感が増し、見た目と味は冷奴そのものに。しかし、食感は冷たいアイスという不思議な感覚を味わうことができます。他にも、1番人気の「焼きたてのり巻き煎餅」(300円/税込)は、顔ほどある大きさと可愛いハート型がまさにフォトジェニックな一品。一枚一枚注文を受けてから焼いてくれます。

知客茶家の「豆腐点心」

湯本橋の袂に佇む古民家に、一歩足を踏み入れると、そこにはタイムスリップしたような空間が。歴史を感じる佇まいは、昔ながらの良さを感じられる「知客茶家」。こちらで味わえるこだわりの豆腐・山芋料理「豆腐点心」(1,900円/税込)は、わさび味噌奴から始まり、早雲豆腐、豆腐ステーキと豆腐の美味しさを思う存分楽しめるコースです。なかでも創業からの看板メニュー「早雲豆腐」は、昆布出汁で温めた豆腐に、味噌汁で溶いたふんわり温かいとろろをかけた優しい口あたりの逸品。甘辛いタレで味付け、生姜やバターを乗せた豆腐ステーキもアツアツでご飯がすすみます。また、ベジタリアン・ビーガンのお客様向けのメニューを用意しているのもこの店のこだわり。「おかべ膳」(1,900円/税込)で使用しているのは、すべて濃厚な昆布出汁のみ。素材の味をしっかり生かしたコース料理になっています。

豆腐処 萩野の「豆乳杏仁豆腐」

江戸時代から続く老舗の豆腐屋さん「豆腐処 萩野」。国産大豆100%、天然のにがりと湯坂山の湧き水を使用して作られた豆腐は、地元の人だけでなく観光客からも大人気で、売り切れになることもしばしば。そんな同店で味わえるのが「豆乳杏仁豆腐」(360円/税込)です。豆腐屋で丁寧に仕上げた濃厚な豆乳を使用することで、優しい味わいとのどごしになっています。豆腐のテイクアウトの注文が多いなか、店頭で食べたいお客様向けに20年ほど前からスイーツを作り始めたのだそう。他にも「ごま豆腐」(360円/税込)や「玉だれ豆腐」(260円/税込)は、ムースのような食感で、スイーツ感覚で食べられます。お土産としても人気の「がんも」や「生揚げ」もおすすめです。

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。