箱根を周る楽しさがここに

見つける

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。

スポットを探す

モデルコースを探す

特集を探す

イベントを探す

エリアから探す

スポットを探す

--件

モデルコースを探す

--件

特集を探す

--件

イベントを探す

--件

エリアから探す

エリアに関するモデルコースや特集記事、イベント情報がみつかります。

御殿場 仙石原 強羅 大桶谷・桃源台 宮ノ下・小桶谷 元箱根・箱根町 旧東海道 箱根湯本・塔之沢・大平台 小田原

特集

特集|2020.06.01

初夏の風物詩 あじさいを楽しむ箱根の見どころスポット紹介

ISSUE

これからの梅雨の季節を楽しみにさせてくれる「あじさい」。今回は、箱根にあるあじさいスポットをご紹介します。今年の梅雨は箱根まで足を伸ばして、あじさいを満喫してみてはいかがでしょうか。

箱根強羅公園

「箱根強羅公園」は、四季折々の自然を感じながら散策できる庭園です。6月中旬頃から、艶やかなあじさいを鑑賞することができます。紅山アジサイや藍姫などの山アジサイが約20種類、アナベルやカシワバアジサイなどの西洋アジサイが数種類と、豊富な品種が揃います。毎年恒例の「あじさい展」では、山アジサイと西洋アジサイ、合わせて約80種類の展示と販売が行われ、多くの観光客で賑わいます。
(見頃:6月中旬〜7月中旬)
【お知らせ】
新型コロナウイルスの影響により2020年の「あじさい展」は中止が決定しています。

三島スカイウォーク

三島スカイウォーク北エリア内の散策路「Kicoroの森」では、オリジナル品種を含む196種、約12,000株の色鮮やかなあじさいを鑑賞することができます。標高が高いことから、6月から8月までの長期間にわたり楽しめるのが特徴。お気に入りのあじさいを探しながら散策してみましょう。毎年6月下旬から7月末には「あじさい祭」が開催。期間中は、あじさいにちなんだドリンクやスイーツが人気です。あじさい色のゼリーやクリームはSNS映えすること間違いなし。2日間限定で開催される「あじさい七夕祭」では、ライトアップされたあじさいを眺めながら、幻想的な雨季の夜を過ごすのもおすすめです。
(見頃:6月中旬~7月中旬)
【お知らせ】
三島スカイウォークでは、新型コロナウイルス感染予防対策として、アルコール消毒液の設置、従業員のマスク着用を励行、屋内施設にてウイルスの排除を目的とした換気、人の手に触れる部分の消毒作業、施設内に手洗いや咳エチケットについての案内掲示などを行っております。

箱根登山電車(あじさい電車)箱根湯本駅〜強羅駅

箱根のあじさいといえば「あじさい電車」。「あじさい電車」は沿線のあじさいを車窓からのんびりと鑑賞できる、箱根の初夏の風物詩です。標高に応じて開花が進んでいくので、7月半ばくらいまであじさいを楽しむことができます。
窓のすぐそばに咲いているあじさいを電車に揺られながら鑑賞できるのは、箱根ならではの楽しみ。キラキラと太陽の光を受けて輝く緑と あじさいのコントラストが美しい晴れの日も、雨に濡れてしっとりと日本の風情を感じさせる姿もおすすめです。
旅情と風情、両方を楽しめる「あじさい電車」で初夏の箱根旅行をお楽しみください!
(見頃:6月中旬〜7月中旬)
【お知らせ】
2019年台風19号被災の影響により、箱根登山電車の箱根湯本駅~強羅駅間は運休しております。そのため、2020年度「夜のあじさい号」は運休いたします。

箱根登山ケーブルカー(強羅駅~公園上駅)

ケーブルカー沿線にも6月下旬~7月中旬にかけ、あじさいが咲き誇ります。強羅駅~公園上駅間は車窓に注目です!
(見頃:6月下旬~7月中旬)
【お知らせ】
新型コロナウイルスの影響により、2020年の「あじさい展」は中止が決定しています。

阿弥陀寺

関東では珍しい山寺。開山の祖、弾誓上人は塔之沢温泉を発見したことでも有名です。さらにこの寺の名を高めているのが、参道や境内を彩るあじさい。皇女和宮のゆかりの寺としても知られ、初夏のあじさいが香華となって咲きます。
(見頃:6月中旬〜7月上旬)

箱根ガラスの森美術館

「箱根ガラスの森美術館」のあじさい庭園では、ヤマアジサイの「クレナイ」、「クロヒメ」などの品種が70種あり、散策路沿いに見られます。早咲き品種と遅咲き品種があり、冷涼な気候でもあるため6月から咲き始めて7月まで花を楽しむことができます。
大輪のアナベルが作り出す「あじさいの滝」や、陽光の下キラキラと輝くクリスタル・ガラスのあじさいは必見。また、一度絶滅したものの復活したとされる幻の花「七段花(シチダンカ)」など、珍しいあじさいも見ることができます。
(見頃:6月中旬〜7月下旬)

箱根ガラスの森美術館スタッフおすすめ!あじさい見所スポット

おすすめのポイントを箱根ガラスの森美術館館長・岩田正崔さんがご紹介します!

箱根ガラスの森美術館館長 岩田正崔さんからのメッセージ

大涌谷を一望できる庭園には、太陽の光と風を受け、時には雨露を浴びてキラキラと輝く1万粒余りのクリスタル・ガラスのあじさいが展示されます。 それ以外にもヤマアジサイを中心に70種類もあり、つるを伸ばし白く可憐な花を咲かせる「蔓紫陽花(ツルアジサイ)」(6月初旬~)や、幻のあじさいと呼ばれた「七段花(シチダンカ)」や古品種「クロヒメ」などの珍しいあじさいをはじめ、斜面一面に白く大輪の花を咲かせる「あじさいの滝」(7月下旬)がご覧いただけます。弊館のあじさいは早咲きから遅咲きまであり、7月下旬まで楽しむことができます。

箱根ガラスの森美術館で出会えるあじさいたち

蔓紫陽花

早咲き
開花時期:6月初旬

七段花

早咲き
開花時期:6月中旬~7月中旬

八重柏葉紫陽花

中咲き
開花時期:6月中旬~7月中旬

セキカヤエ

遅咲き
開花時期:7月上旬

小田急山のホテル

ツツジ、シャクナゲ、バラの見所スポットとして知られている山のホテルの庭園で、あじさい鑑賞も楽しめます。
庭園を彩るのは、コアジサイ、安行四季咲き、アマチャ、銀河の輝き、藍姫、久住の花火、深山八重、ベニガクなど、約25種230株。ヤマアジサイの清楚な姿はまた格別です。
(見頃:6月中旬〜7月中旬)

宮城野早川沿い

宮城野の早川沿いは、箱根でも有数の桜の名所として有名ですが、約20年前から箱根ライオンズクラブの皆さんが植え始めたあじさいも見事です。毎年4月に箱根恵明学園の子どもたちも一緒に手入れしているというあじさいは、いまや約300株。清流の音を聴きながら花たちは生き生きと育っています。
(見頃:6月中旬〜7月上旬)

アクセス
箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線・L路線)約17分、「宮城野営業所前」下車、徒歩約2分


 



2020年6月1日時点の情報です。

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。