箱根を周る楽しさがここに

重要なお知らせ

見つける

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。

スポットを探す

モデルコースを探す

特集を探す

イベントを探す

エリアから探す

スポットを探す

--件

モデルコースを探す

--件

特集を探す

--件

イベントを探す

--件

エリアから探す

エリアに関するモデルコースや特集記事、イベント情報がみつかります。

御殿場 仙石原 強羅 大桶谷・桃源台 宮ノ下・小桶谷 元箱根・箱根町 旧東海道 箱根湯本・塔之沢・大平台 小田原

特集

特集|2022.12.22

ロマンスカーで行く インスタ映えでおしゃれな箱根女子旅

ISSUE

気の合う友人との女子旅。せっかくならただ観光するだけでなく、SNSにアップするための写真撮影も楽しみたいですよね。じつは箱根には、インスタ映えスポットが点在。しかも撮り方を工夫するだけで、より素敵な写真が撮影できるんです。今回は「インスタ映え」をテーマに、箱根女子旅を楽しむ方法をご紹介します。

 

ロマンスカーで箱根湯本まで

ロマンスカーなら新宿から箱根湯本まで乗り換えなしで、最速75分で到着。旅の始まりに、まずはロマンスカーと一緒に記念撮影。旅のワクワク感を高めてくれます。

 

ロマンスカー車内でのすごし方

全席指定席でゆったりとした空間が特徴のロマンスカー。だからこそ車内では、旅のテーマに合わせた、さまざまな過ごし方ができます。「インスタ映え」がテーマなら、写真撮影を楽しむのがおすすめ。新宿駅で購入したフードやドリンクを、大きな車窓と組み合わせて撮ってみましょう。いつもとはひと味違った写真が撮影できます。各座席の色合いも上手く活用してみて。購入したものを手に持ち、お互いを撮り合えば、箱根旅らしいレトロな写真の完成です。

おすすめスイーツ
リチュエルカフェの「フルーツショートケーキ」

車内への持ち込みスイーツは、ルミネ新宿1地下2階「RITUEL CAFÉ」(リチュエル カフェ)のケーキで決まり。断面にこだわったケーキは、どこに置いても写真映えします。撮影が終わったら、ひじ掛けに収納されたテーブルを出して、ケーキを味わう贅沢なひとときを楽しみましょう♪ 揺れの少ないロマンスカーなら、ケーキも安心して食べられます。いちご、キウイ、バナナ、マンゴーを重ね、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーを飾り付けた「フルーツショートケーキ」(税込968円)は、一口ごとに味の印象が変わり、次はどこを食べようかとワクワクするケーキ。旅のはじまりにもってこいの一品です。

シグネチャーの「フレジエ エスカルゴ」(税込1,012円)も店頭でテイクアウトしたい一品。アーモンド風味のしっかりとした生地感の中に残るピスタチオの余韻を堪能できます。

SPOTRITUEL CAFÉ ルミネ新宿店

住所   :東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿ルミネ1 B2F[Google Maps]

電話   :03-6258-1336

営業時間 :平日  9:00~21:00(L.O.20:30)
土日祝 8:00〜21:00(L.O.20:30)

定休日  :不定休

ロマンスカーは中も外も可愛らしい色合いで、気分が上がりました! 箱根は「自然の緑」や「橋、鳥居の赤」が象徴的だったので、その色を引き立たせるような服装で来たのですが、ロマンスカーでもそれが活きたと思います。

うめさん&ゆかさんコメント

 

ロマンスカーに関する情報や特急券の予約・購入はロマンスカーナビで!

 

まずはロマンスカーナビの「特急券予約・購入」ページにアクセス。乗車日や日時、区間などを入力し「空席照会へ」に進み、ご希望の特急と座席を選択すると、特急券の予約・購入が可能です。スマホでいつでも予約、購入ができ、窓口等で紙のチケットと交換する必要もありません。また、発車時間の3分前までは、空いている座席から好きな席を選んで購入することもできます。

スマホでカンタン!こちらからロマンスカーの予約が可能です

ロマンスカーナビ 特急券予約・購入ページ
 

箱根湯本駅周辺を散策

ロマンスカーで楽しく過ごしていたら、あっという間に箱根湯本に到着! 駅を出たら、まずは箱根登山鉄道の入口前で記念撮影。リール用の動画も忘れずに。

箱根湯本駅からほど近くにある「あじさい橋」も、必ず立ち寄りたいスポット。早川沿いの緑と橋の朱色が相まって、温泉街らしい風情ある写真を撮ることができます。橋の名前が書かれた橋名板と一緒に撮影すると、より現地らしさが出ておすすめです。

 

インスタ映えの名所 箱根神社

箱根湯本駅から箱根登山バスに乗り約60分、「箱根神社」に到着です。見どころは、箱根随一のフォトスポット「平和の鳥居」。平日でも行列ができるほど人気のため、午前中のうちに撮影を楽しみましょう。大きな鳥居の奥に広がる芦ノ湖の景色に加え、タイミング次第では芦ノ湖を遊覧する海賊船を背景に収められて、気分が盛り上がります。あえてポーズをとらず、鳥居の下にちょこんとたたずむだけでも可愛らしい写真が撮れますよ。撮影のあとは、計89段ある厄(やく:89)落としの石段を登り、お参りへ。箱根神社は、関東屈指のパワースポットとしても有名で、運厄除・心願成就・勝運守護・交通安全・縁結びなど、多方面に渡りご利益があります。思い思いに願いを込めて、次の目的地へ向かいましょう。

SPOT箱根神社

交通手段 :箱根湯本駅→箱根登山バス(H路線またはK路線で約30分)→「箱根神社入口 (10:00~16:00の間は停車しません。次のバス停「元箱根港」で下車してください)」バス停下車→徒歩約15分

受付時間 :お札所・御神印 8:15~17:00
御祈祷     8:30~16:00
宝物殿の拝観  9:00~16:00

住所   :神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1[Google Maps]

電話   :0460-83-7123

 

箱根ベーカリー&テーブルでランチ

たくさん歩いたあとは、芦ノ湖畔にたたずむ「Bakery&Table 箱根」へ。1階ベーカリーでは、味わい豊かな素材をふんだんに使ったパンが販売されています。おすすめは「米粉のカレードーナツ」(税込380円)。多い日で1日約480個も売り上げる、大人気商品です。コクのあるカレーの中には、クリーミーエッグが丸々1個入っています。ボリューミーながら、ライスクリスピーのサクサク感と、パン生地のもっちり感がクセになり、女性でもペロッと食べられる一品。購入したパンは、2階のカフェで食べることもできます。インスタ映えにもぴったりの「芦ノ湖フロート」(税込750円)と一緒に召し上がれ。

箱根神社の平和の鳥居はもちろんですが、背の高い杉並木の中に、石段がまっすぐ伸びる感じも魅力的でした。登っているところを下から撮るのもおすすめです。Bakery&Table 箱根のカレーパンは、中のたまごがカットされていて、女性でも食べやすかったです。

うめさん&ゆかさんコメント

SPOTBakery&Table 箱根

住所   :神奈川県足柄下郡箱根町元箱根9-1[Google Maps]

電話   :0460-85-1530

営業時間 :ベーカリー 10:00~17:00
パーラー  10:00~17:00
カフェ   9:00~17:00(L.O.16:30)
レストラン 11:00~18:00(L.O.17:00)

定休日  :なし

 

ラテラッツァ芦ノ湖もおすすめ

ランチタイムをゆっくり楽しみたいなら、「芦ノ湖テラス」内にあるイタリアンレストラン「ラテラッツァ芦ノ湖」もおすすめ。本場イタリアの窯で焼き上げる30種類ものナポリピッツァをはじめ、箱根西麓野菜を使ったサラダや、小田原・沼津漁港で仕入れた新鮮な素材を使用したパスタを、こだわりのワインとともにいただけます。テラス席なら、箱根の山々と芦ノ湖畔の景色を一望することも可能。「自然光×景色×グルメ」の組み合わせは、間違いなくインスタ映えするはずです。

SPOTラテラッツァ芦ノ湖

住所   :神奈川県足柄下郡箱根町元箱根9-1[Google Maps]

電話   :0460-85-1530

営業時間 :【平日】
モーニングタイム 10:30~11:00
ランチタイム   11:00~15:30
カフェタイム   15:30~17:00
ディナータイム  17:00~20:00(L.O.19:30) 
※予約はディナータイムのみ
【土・日・祝】
モーニングタイム 9:00~11:00
ランチタイム   11:00~15:30
カフェタイム   15:30~17:00
ディナータイム  17:00~20:00(L.O.19:30)
※予約はディナータイムのみ

定休日  :なし ※2月に休業日あり

 

箱根海賊船でインスタ映えカットを

お腹を満たしたあとは「箱根海賊船」に乗り、桃源台港を目指します。インスタ映えを狙うなら、通常運賃に片道プラス600円の「特別船室」を利用するのがおすすめ。船ごとに異なる特別な空間を楽しむことができます。ゴールドの船体が目を惹く「クイーン芦ノ湖」は、デザインや色の異なるレトロなソファ、女王さま気分を味わえる椅子、船の先端までいける特別デッキなど、クラシカルな雰囲気を楽しめるのが特徴。室内は混雑を避けたゆとりあるつくりのため、写真撮影も気軽に楽しめます。大きな窓を額縁に見立て、絵画のような写真を撮るもよし、外に出て、富士山や箱根神社の鳥居とともに自撮りを楽しむもよし。約25分間のクルージングで、自分たちなりの映えを見つけてみてください。

 

大涌谷と名物・黒たまご

桃源台港に着いたら、箱根ロープウェイに乗り「大涌谷」へ。言わずと知れた箱根一の観光名所では、現在も続く火山活動の迫力ある様子を間近で体感することができます。快晴の日は、富士山を眺めることも。息をのむ美しさに、会話も忘れてしまいます。じっくり見学を楽しんだら、大涌谷名物の「黒たまご」を購入し、記念撮影を楽しみましょう。山にかざすように撮るのが、映えるポイントです。「黒たまご館」前にある黒たまごのオブジェや、噴煙観察用に置かれた望遠鏡のある所も、おすすめのフォトスポット。自撮り棒があると、より雰囲気の伝わる写真が撮れそうです。

 

箱根ロープウェイから噴煙を見下ろす

大涌谷から早雲山へも箱根ロープウェイで向かいます。道中には、地上から約130mも離れた箇所があり、スリル満点。アトラクション感覚で、噴煙を見下ろすことができます。

 

cuーmo箱根でふわふわのニューベルを片手に

箱根ロープウェイと箱根登山ケーブルカーの乗り換え地点「早雲山駅」。その2階にある「cuーmo箱根」は、知る人ぞ知るインスタ映えスポット。センスよくデザインされた内装や、木の温もりを感じるショップエリア、箱根外輪山が一望できる展望テラスの足湯など、どこを切り取っても絵になります。早雲山の雲に見立てたスイーツやドリンクもフォトジェニック。リンゴとバナナのスムージーに綿あめをのせたドリンク「ニューベル」(税込750円)や、ふわふわの白い生地の中に味噌カスタードを入れた「くもぱん」(税込250円)を空にかざし、雲に見立てて撮影すると、可愛らしい写真が撮れます。少し体を休めたあとは、セレクトショップにも足を伸ばしてみてください。乙女心をくすぐるアイテムが、約250点以上揃います。大切な人へのプチギフトや、自分へのちょっとしたご褒美にもおすすめです。

大涌谷に行くなら、絶対にロープウェイに乗るべきです! 噴煙が見下ろせたり、富士山が眺められたりして、感動の連続でした。cuーmo箱根はメニューがとにかく可愛くて、テンションが上がりました。「ニューベル」は2つ並べて撮るのも可愛いと思います。セレクトショップも可愛くて、ついお買い物を楽しんでしまいました!

うめさん&ゆかさんコメント

 

箱根ゆとわに宿泊

早雲山駅から「箱根登山ケーブルカー」に乗り換え「強羅駅」へ。目指すのは、強羅駅から徒歩約5分のホテル「箱根 ゆとわ」です。チェックインを済ませたら、まずはロビーで浴衣選び。可愛らしい柄、落ち着いた柄など、趣の異なる浴衣が3種類用意されているので、撮りたい写真のイメージに合わせて選びましょう。客室はホテル棟(東棟、西棟)とコンドミニアム棟の2タイプ。和モダンで落ち着いた雰囲気のホテル棟客室は、床が畳敷きになっているため、裸足でのんびりくつろぐことができます。

スパラウンジ・ナカニワとライブラリーラウンジ

このホテルの大きな魅力のひとつが「パブリックスペース」。「ライブラリーラウンジ」で次の日の予定を立てたり、箱根の自然に囲まれた「スパラウンジ・ナカニワ」の足湯で女子会トークに花を咲かせたりと、十人十色の楽しみ方ができます。どこを切り取っても写真映えするのも嬉しいポイント。本棚が円形に切り抜かれたスペースは、特に人気のあるフォトジェニックなスポットです。あえてお揃いの浴衣を選び、さまざまな角度から撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。ラウンジ内のドリンクバーには、約13種類のフリードリンクが用意されているほか、19時〜22時はウイスキーも並びます。夜に灯されるナカニワの炎を眺めながら、お酒をたしなみ、今日の思い出を振り返るのもいいですね。

ハーフビュッフェや温泉も充実

ゆとわの夕食は、和食を中心としたハーフブッフェスタイル。前菜、蕎麦や天ぷら、ご飯、お味噌汁、フルーツやデザートなどは、ブッフェ形式で楽しむことができ、「季節の主菜」(3種類のうち1つを選択)は席に用意されます。夕・朝食付きの宿泊プランは「オールインクルーシブ」スタイルのため、追加料金一切なしで、生ビール、日本酒、ワイン、焼酎といったアルコール類も楽しめます。大浴場は、写真を撮りたくなってしまうほどおしゃれ。美しい光が湯面に映り込み、幻想的で穏やかな空間を演出します。肌が滑らかになると評判の自家源泉に浸かり、ゆっくり1日の疲れを癒しましょう。湯上がりにはデトックスウォーターや、アイスキャンディーを片手に、長い夜を楽しんでください。

ホテル全体に和やかな空気が流れ、写真も撮りやすかったです。ライブラリーラウンジは棚やテーブル、ソファがたくさんあるので、セルフタイマーを活用できました。夕食のハーフブッフェは小鉢に盛られているのがポイント。普通のブッフェはなかなかきれいに盛り付けられませんが、可愛らしくまとまったので、思わず写真を撮ってしまいました。

うめさん&ゆかさんコメント

SPOT箱根ゆとわ

住所   :神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300−27[Google Maps]

電話   :0460-82-0321

交通手段 :箱根登山電車強羅駅から徒歩5分

 

ガラス張りの建築が映えるポーラ美術館

2日目は、強羅駅から「施設めぐりバス」に乗り、仙石原を目指します。向かう先は、モネ、ルノワールなど印象派の作品を数多く展示する「ポーラ美術館」です。入館して驚くのは、建築空間の美しさ。大きなガラス面からは優しい光が降りそそぎ、館内にいながら自然との一体感が味わえます。レフ版効果で、肌つやのいい写真が撮れるのも嬉しいポイント。展示室には、西洋絵画のほかに、日本の洋画や、現代アート、東洋陶磁、ガラス工芸、化粧道具など、約1万点もの多彩な作品が収蔵されています。美術館では珍しく、撮影できる作品もあります。絵画だけでなく人も一緒に写すと、それ自体がひとつの作品のようになります。常設展に加わったばかりのベルトモリゾの『ベランダにて』が最近の人気作。ぜひ見つけて写真を撮ってみてください。美術館を出るまえに、「レストラン アレイ」に立ち寄るのも忘れずに。展示作品をイメージして作られたデザートは、見た目にも美しく、写真映えもばっちりです。

施設への光の入り方がきれいで、どこで撮っても写真映えしました。また、つくりがシンプルなので、どんな服装でもおしゃれに見えます。エスカレーターの上に展示されている蛍光灯の作品も素敵でした。レストランアレイは、天気がいい日はテラス席がおすすめ。気持ちがいいし、パラソルも可愛いので映えます。

うめさん&ゆかさんコメント

SPOTポーラ美術館

住所   :神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285[Google Maps]

電話   :0460-84-2111

営業時間 :9:00~17:00(最終入館は16:30まで)

定休日  :なし ※展示替えのため臨時休館あり

 

足湯のあるNARAYA CAFÉで小休止

美術館をあとにし、箱根登山バスで「宮ノ下駅」へ。駅前の坂を下るとすぐに「NARAYA CAFE(ナラヤカフェ )」が見えてきます。古民家を改装した木の温もり溢れるカフェは、SNS映えスポットとしても人気。また、ひょうたん最中に餡(こしあん、ごまあん、うぐいすあん、季節のあんから1つを選択)を詰めて食べる「ならやん」(税込300円)も、インスタグラムでたびたび話題を集めています。単品でも購入できますが、せっかくなら「ならやんセット」(抹茶800円/抹茶ラテ850円税込)を注文するのがおすすめ。抹茶の緑がアクセントになり、和の雰囲気ただよう写真が撮影できます。完成した最中は、食べるのが惜しいほど可愛らしい見た目。お気に入りの一枚が撮れたら、いざ実食です。優しい甘さの最中と、「奈良屋旅館」時代からの温泉を引いた足湯にほっこり癒されましょう。

SPOTNARAYA CAFE

住所   :神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下404-13[Google Maps]

電話   :0460-82-1259

営業時間 :10:30〜17:00(フードL.O.16:30)

定休日  :水曜日・第4木曜日、冬期休業1月中旬~下旬

 

お土産におすすめの箱根てゑらみす

宮ノ下駅から「箱根登山電車」に乗り、箱根湯本駅に到着。楽しい旅もいよいよ終盤。最後はお土産を買って帰りましょう。おすすめは「箱根てゑらみす」の看板メニュー、「ボトルティラミス」。可愛らしい見た目と、味わいのよさが人気のテイクアウトスイーツです。プレーン、苺、抹茶といった定番に加え、期間限定メニューまで、5種類ほど販売しています。パッケージは箱根を照らす"ランタン"をイメージしているため、手でつまむように持って撮影するのがおすすめ。さまざまな種類を購入して、ロマンスカーの車窓に並べて撮るのも可愛いですね。お店は箱根湯本駅から徒歩約2分の場所にあるので、時間がないときでもサクッと買いに行くことができます。

SPOT箱根てゑらみす

住所   :神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-1[Google Maps]

電話   :0460-85-5893

営業時間 :10:00~17:00

定休日  :水曜日(祝日は営業)、12月31日、1月1日

 

その場でカンタン!こちらからロマンスカーの予約が可能です

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。