箱根を周る楽しさがここに

見つける

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。

スポットを探す

モデルコースを探す

特集を探す

イベントを探す

エリアから探す

スポットを探す

--件

モデルコースを探す

--件

特集を探す

--件

イベントを探す

--件

エリアから探す

エリアに関するモデルコースや特集記事、イベント情報がみつかります。

御殿場 仙石原 強羅 大桶谷・桃源台 宮ノ下・小桶谷 元箱根・箱根町 旧東海道 箱根湯本・塔之沢・大平台 小田原

特集

特集|2019.07.31

ちょっと休憩! 強羅駅周辺のおすすめカフェ

ISSUE

避暑地、別荘地として開発が進んだ強羅は、箱根登山鉄道、箱根登山ケーブルカー、箱根登山バスなどアクセス方法も豊富。箱根強羅公園、箱根美術館、そして温泉と、立ち寄りたいスポットがひしめく人気観光地でもあります。箱根観光に外せない強羅のおすすめカフェをスタッフの方々の声とともに紹介します。

散策前の腹ごしらえに立ち寄りたい
カフェ・サンモリッツ強羅

箱根登山電車を降りてすぐ、駅構内にあるかわいらしいカフェ。強羅を訪れたことのある方なら一度は目にしているのではないでしょうか?

スイスの山岳鉄道をモデルにした箱根登山電車、強羅駅内にある「カフェ・サンモリッツ強羅」は、名前の通りスイスの高級避暑地サンモリッツをイメージしてつくられています。テーブル席2卓、カウンター3席のミニマムなスペースですが、「これから散策!」というシーンにも、観光を終えて帰路につく際の休憩ポイントとしても気軽に立ち寄れます。

スタッフの荒川さんのおすすめは『ホットドッグ』。手軽に食べられてテイクアウトもOK。ソフトクリームやコーヒーを片手に観光に向かう人も多いのだとか。

「駅を利用される方によく利用していただいています。早雲山に向かう人、反対に箱根湯本に下る人、ちょっとした休憩スペースとして立ち寄ってほしいです」

強羅駅にはスイス・レーティッシュ鉄道と提携したときに贈られた友好のカウベルも飾られていて、異国情緒を盛り上げてくれます。

フランス仕込みスイーツで“味覚”を満たす
プレジール・ドゥ・ルフ[箱根写真美術館]

箱根写真美術館に併設された隠れ家カフェ、「プレジール・ドゥ・ルフ」は、美術館のテーマ“五感の回帰”の“味覚”を担っています。中庭からそよぐ箱根の自然な風を感じながら、本場フランス仕込みのスイーツを堪能できる贅沢なカフェです。

カフェメニューを手がけるのは、パリのホテルリッツ内のパティスリーで修行経験のある鈴木輝子さん。フランスの田舎の家庭の食卓に出てきそうな素朴な味のケーキから、旬の素材を使った繊細なお菓子まで、バリエーション豊かなメニューが揃います。

「味覚とともに強羅に流れる季節を感じてほしい」
マダムの遠藤詠子さんは、ゲストにできるだけゆっくり過ごしてもらいたいと言います。
「華美ではないけれど、しっかりと工夫しています。旬の食材を使った焼き菓子、ケーキをじっくり味わってほしいですね」

人気のパウンドケーキは、季節によって味が変わります。箱根があじさい色に染まる6月には『ブルーベリーを使ったレアチーズケーキ』が期間限定で登場。初夏にはオレンジピールを使って爽やかさを表現。秋には旬の栗を使用しています。

遠藤桂館長がネパールを旅したときの思い出の味を完全再現した『チキンカレー』も好評。ランチタイム、ティータイムともに十分味覚を満たしてくれるはずです。

本格スペシャルティコーヒーが楽しめるフォトスタジオ併設
スタジオカフェ・シマ

今年で100周年となる長い歴史を刻んできた島写真館をルーツに持つのが、「スタジオカフェ・シマ」。もともとフォトスタジオの事務所兼暗室だったスペースを改装して、平成24(2012)年10月にオープンしました。

店内に飾られているのは、大正、昭和、平成の箱根の歴史を写した写真の数々。写真館4代目で、プロカメラマンでもある嶋雄司さんによれば、たまたま立ち寄った海外からのお客様が、壁に飾られた写真や用意されたアルバムをめくりながら、箱根の歴史に思いを馳せるという光景も見られるそう。

カフェも本格的な『スペシャルティコーヒー』(540円〜/税込)、『自家製ジンジャーエール』(486円/税込)のドリンクメニューのほか、箱根登山電車をイメージした『パウンドケーキ』(540円/税込)、『レモンチーズケーキ』(486円/税込)など手作りスイーツも充実していて、初夏には限定の『あじさいのカップケーキ』(432円/税込)も登場。

もちろんフォトスタジオも営業中。予約で埋まっていなければ突然の撮影にも対応してくれるそうなので、旅の思い出に記念撮影はいかがでしょう? 100年、箱根を見つめてきた写真館で令和の“いま”を切り取るなんて、ここでしかできない経験でしょう?

“特等席”で味わう生地から美味しいスイーツ
カフェ・ド天翠[天翠茶寮]

強羅の高級温泉旅館「天翠茶寮」内にある隠れた名店が、「カフェ・ド天翠」です。大文字山を見渡せる“箱根の特等席”の眺望はもちろん、ここでしか味わえないオリジナルスイーツが評判のカフェです。名店での修行経験を持つ、シェフパティシエの若山弘貴さんは、「生地から美味しいスイーツ」を目指しているそうです。

「食べ飽きない、また食べたくなる味を目指しています。フルーツが美味しい、クリームが美味しいというのもスイーツの魅力ですが、もっとベーシックな土台となる生地から美味しい。そんなスイーツ作りが理想です」

『苺のショートケーキ』(700円)や季節のおすすめスイーツが特に人気ですが、スポンジからこだわったケーキのおいしさは、『タルト』(500円)や『フィナンシェ』(200円)、『マカロン』(200円)でも健在です。目に鮮やかなスイーツが材料、工程から吟味され、土台部分だけでも美味しいなんて最高ですよね。

「カフェ・ド天翠」では、『ホールケーキ』(3,000円〜)のフルオーダーも受け付けてくれます。旅行中のサプライズにバースデーケーキなんて注文も事前予約で可能になりますよ。

スイーツに目を奪われがちですが、ランチ時にはビストロに早変わり。『ビーフシチュー』(1,000円)や『キッシュ』(1,500円)、『アヒージョ』(1,000円)や『山盛りサラダ』(800円)など、カップルから家族連れ、年配の方まで幅広い層が楽しめるお食事もラインナップされています。

※商品価格は全て税込表記です。

優雅な午後のひとときを
一色堂茶廊 (いっしきどうさろう)[箱根強羅公園]

強羅のメインスポットの一つ、箱根強羅公園内にある「一色堂茶廊」は、サンドイッチにこだわった珍しいカフェ。スタッフの小林さんは、『和牛ローストビーフサンド』や『薫製鶏ハムサンド』、「卵の味が濃い」と好評な『自然有精卵のだし巻きサンド』といったサンドイッチメニューを挙げながら、こだわりのポイントを解説してくれました。

「軽食と表現されることの多いサンドイッチですが、良質な素材を使った手作り料理として提供しています」

もちろんコーヒーやドリンク、スイーツも充実。店内はフランス風のつくりになっていて、大きな窓から差し込む自然光を感じながら優雅なティータイムを過ごせます。緑に囲まれた公園を散策した後に、少し贅沢な午後のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。