箱根を周る楽しさがここに

見つける

近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。

スポットを探す

モデルコースを探す

特集を探す

イベントを探す

エリアから探す

スポットを探す

--件

モデルコースを探す

--件

特集を探す

--件

イベントを探す

--件

エリアから探す

エリアに関するモデルコースや特集記事、イベント情報がみつかります。

御殿場 仙石原 強羅 大桶谷・桃源台 宮ノ下・小桶谷 元箱根・箱根町 旧東海道 箱根湯本・塔之沢・大平台 小田原

特集

特集|2019.03.18

日本古来の文化を楽しむ箱根の御朱印めぐり

ISSUE

お寺や神社を参拝して御朱印をいただく御朱印めぐりは、四国八十八カ所の霊場めぐりから広く始まったといわれています。そしていま御朱印めぐりは、信仰心の証としてだけでなく、旅の思い出として、また、大事なコレクションなどとして、若い世代の人たちの間でもブームになっています。箱根にも御朱印をいただける寺社が数多く点在しています。そのいくつかをご紹介しましょう。

御朱印めぐりのポイント
☆御朱印をいただく前に、心静かに参拝を済ませましょう。
☆御朱印代はどの寺社でも300円(税込)です。

悠久の歴史を刻む「箱根神社」

箱根の御朱印めぐりは、「箱根神社」からスタートしましょう。箱根神社は、“神の宿る山”ともいうべき、“箱根”の歴史を創ってきた由緒ある神社です。奈良時代の天平宝字元年(757)に本殿が創建されて以来、源頼朝、徳川家康など戦国武将たちにも崇敬され、開運厄徐・心願成就・交通安全の御神徳が高い神社として、人々の篤い信仰を集めています。御神印(御朱印)をいただけるのは、御本殿の前のお札所ではなく、石段下(駐車場横)にあるお札所です。箱根神社オリジナル御朱印帳(1,300円/税込)は、表紙は箱根神社御本殿、裏表紙は、富士山と芦ノ湖、平和の鳥居が織り込まれています。

縁結びの神さまとして人気の「九頭龍神社」

九頭龍神社本宮湖上鳥居。この奥に社殿がある。

「九頭龍神社」に祀られている芦ノ湖の守護神・九頭龍大神は、開運をはじめ、金運、商売繁盛、縁結びの神さまとして知られており、参拝者が絶えません。九頭龍神社は、芦ノ湖畔にたたずむ「九頭龍神社本宮」と、2000(平成12)年に、多くの皆さまがお参りしやすいように建立された箱根神社御本殿横の「九頭龍神社 新宮」の2か所がありますが、御神印(御朱印)をいただけるのは、箱根神社の石段下(駐車場横)のお札所です。箱根神社の御神印をいただくときに、一緒にお願いしましょう。

九頭龍神社本宮

九頭龍神社新宮

箱根神社・九頭龍神社 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
お問合せ先 0460-83-7123
アクセス 箱根湯本駅から箱根登山バス(H路線またはK路線)約40分「箱根神社入口」下車、徒歩約10分。

箱根神社、九頭龍神社と同じ御神徳に恵まれる「玉簾神社」

箱根湯本温泉「天成園」の庭園にある「玉簾神社」は、江戸時代に、小田原藩主・稲葉氏の邸内社として創建されたと伝えられています。箱根神社、および、九頭龍神社の分霊がお祀りされている「玉簾神社」は、二つの神社と同じ御神徳に恵まれる神社として信仰されていますが、特に近年は、縁結びの神様として参拝者が絶えません。お社は、庭園の中に流れ落ちる箱根のパワースポットの一つ「飛烟の瀧」と「玉簾の瀧」の間の石段を108段ほど登ったところにあります。庭園は8:00~18:00頃まで開放されていますので、宿泊や日帰り温泉を利用しない場合でもお参りができます。御朱印は、庭園入り口の龍門のそばにある「九頭龍明神玉簾神社札所」で、草庵主・西脇隆さん(遊書家)がお書きくださいます。希望があれば、金文字が入った龍神さま縁起符(500円/税込)もお願いできます。札所が閉まっている場合は、あらかじめご祈祷してある神符がフロントに用意されていますので、御朱印帳に貼りましょう。

〇札所には、御朱印帳(1,500円/税込)が数多く揃っています。また、美しく染色された手書きデザイン創作御朱印帳(3,000円・限定/税込)などもあります。
〇毎月21日には箱根のご神職によって名水祭が執り行われています。札所も開いていますので、御朱印めぐりにはおすすめの日です。

天成園 神奈川県足柄下郡箱根町湯本682
お問合せ先 0460-83-8500(代)
アクセス 箱根湯本駅下車。旅館送迎シャトルバス滝通り方面行きで約5分(片道100円)/徒歩では約15分

山奥に静かに佇む「阿育王山 阿弥陀寺」

「阿弥陀寺」は、弾誓上人(たんせいしょうにん/1552~1613)によって開かれたお寺で、塔之沢温泉郷を麓に抱く塔ノ峰(標高566m)の中腹にあります。徳川家菩提寺「増上寺」の末寺であり、皇女・和宮の香華院(位牌をお祀りするお寺・和宮様御念持仏の「黒本尊御代仏」が遷座されています)として知られています。あじさいの季節には、参道や境内は、たくさんのあじさいに彩られ、“あじさい寺”としても親しまれていますが、このあじさいは、38代現住職・水野賢世さんが、約50余年前から、一株、ひと株、挿し木されてきたものです。本堂前の「百万遍転法輪」(箱根町指定重要文化財)は235年前に架けられたものです。一周回すと、般若心経を千回唱えたのと同じ功徳があるといわれていますので、御朱印をいただく前に、ひと回りさせてお参りしましょう。水野ご住職による琵琶演奏(抹茶付・お一人1,000円/税込)もぜひ体験してみてください。

〇御朱印以外にも希望があれば仏の教えを説いた言葉もお書きいただけます(無料)
〇御朱印帳(1,500円/税込)を購入すると、着物や帯地で作られた御朱印帳入をいただけます。
〇ご住職がお留守の場合がありますから、事前に電話で確認後、お出かけください。

阿育王山 阿弥陀寺 神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢24
お問合せ先 0460-85-5193
アクセス 箱根湯本駅から箱根登山電車「塔ノ沢」下車、徒歩約20~30分

小京都を思わせる「龍虎山 長安寺」

「長安寺」の歴史は古く、延文元(1356)年、南北朝時代に始まります。姥子に建てられていた小さなお堂がその前身と伝えられていますが、江戸時代の明暦5(1655)年に、機山逸大和尚によって、現在の場所に創建されました。以後、地域の心の拠り所として年月を重ねてきました。そして、現代。新緑や紅葉の美しい参道を進み山門をくぐると、そこに待ち受けるのは表情豊かな石仏たち。さらに本堂裏の林“羅漢山”に足を踏み入れると、約250体にのぼる五百羅漢が、吹き渡る爽やかな風を受けながら、楽しそうに遊んでいます。小京都を思わせるこの風景は、26代現住職・鈴木太源さんの深い想いによって生まれたものです。「東国花の寺百ヶ寺」の一つである境内には、四季折々に華憐な花が慎ましく花開きますが、大晦日の夜には境内一面がライトアップされ、宗派を超えて多くの人々でにぎわいます。

〇オリジナル御朱印帳(御朱印代を含む:1,500円/税込)
〇御朱印は、ご住職がお留守の時には、副ご住職が対応してくださいます。

龍虎山 長安寺 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原82
お問合せ先 0460-84-8187
アクセス 箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線)約23分「仙石」下車すぐ。
小田急箱根高速バス バスタ新宿から120分「仙石」下車すぐ。
近くのおすすめスポットを見る

箱根滞在中に位置情報を利用し、
周辺にあるスポットを見つけることができます。