石井宏子さんと楽しむ 箱根の温泉

温泉の健康・美容力
泉質の特徴と美容力 pH値をチェック・美肌のおまけ「メタけい酸」

pH値をチェック・美肌のおまけ「メタけい酸」

pH値をチェック
泉質と合わせて温泉ビューティを実践するための目安になるのがpH値です。温泉分析書にも書かれているので、ぜひチェックしてみましょう。pH値はpH7の中性を基本として、高いとアルカリ性、低いと酸性です。
  強アルカリ性 アルカリ性 弱アルカリ性 中性 弱酸性 酸性 強酸性
pH値 10以上 8.5以上 7.5~8.5未満 6~7.5未満 3~6未満 2~3未満 2未満
アルカリ性

石鹸のようなクレンジングの作用があり、肌の汚れや角質を落としてスベスベにしてくれます。

  中性~酸性

肌のpHに近いので、刺激が少なく肌にやさしい温泉です。

  酸性

収れん作用で肌を引き締めます。

美肌のおまけ「メタけい酸」
泉質名には出てこない美容成分で注目したいのが「メタけい酸」です。温泉分析書には<非解離成分>の欄に「メタけい酸」の含有量が記載されています。
「メタけい酸」は温泉に含まれている天然の保湿成分で、お肌の新陳代謝を促進してつるつるにしてくれる美肌のサポーターです。潤い肌用の化粧品やしっとり系入浴剤などにも配合されていて、肌のセラミドを整える作用が期待できます。
この含有量が50mg以上なら、温泉として認められる数値、100mg以上なら“美肌サポートのお湯”といえるでしょう。

PAGE TOP