各エリアのおすすめ情報

はこねゆもと 箱根湯本

箱根七湯の一つ。標高100メートル。古くから栄えた湯本温泉は、いまも宿泊施設、お土産屋も多く、箱根温泉の中心的存在。また、箱根湯本駅は、小田急ロマンスカー、箱根登山鉄道、箱根登山バス等の交通機関が集まる駅であり、箱根の玄関口としての大きな役割を担っています。戦国時代に北条早雲の遺言によって創建された早雲寺をはじめ、鎌倉時代以来、街道を行き来する旅人たちの信仰を集めた正眼寺や、明治期の息吹を残す国指定重要文化財や国登録有形文化財の宿・食事処など、深い歴史が感じられる建造物が点在しています。

エリアマップ

アクセス
箱根湯本まで
  • 新宿駅から箱根湯本駅まで、小田急ロマンスカーで約85分。
  • 羽田空港から箱根湯本まで、小田急箱根高速バスで約130分。
  • 横浜駅から箱根湯本まで、小田急箱根高速バスで約85分。

おすすめスポット

早雲寺

北條早雲の遺言によって、嫡男・氏綱が大永元年(1521)に建立。境内には、北條五代の墓碑、北條幻庵の作と伝えられる枯山水石庭、秀吉が小田原攻めの時に陣鐘として使ったといわれる銅鐘(県指定重要文化財)等があります。境内裏手ある樹齢数百年の林・早雲林(県指定天然記念物)は、ヒメハルゼミの棲息地として知られています。桜、紅葉スポットとしてもおすすめ。

アクセス
箱根湯本駅より徒歩約15分。または箱根湯本駅から箱根登山バス(K路線)約5分「早雲公園」下車すぐ。

正眼寺

箱根旧街道沿いにある正眼寺は、鎌倉時代に地蔵信仰から生れたお寺。本堂・庫裏は、国登録重要文化財。境内裏手にある曽我堂には、父のあだ討ちを果たした曽我五郎・十郎兄弟をうつしたと伝えられる2体の木造地蔵菩薩像(五郎の像は、鎌倉中期に製作・県指定重要文化財)が安置されており、他にも供養塔や槍突石が残るなど、曽我兄弟に所縁の深い寺です。春には、境内を枝垂れ桜が包みます。

アクセス
箱根湯本駅から箱根登山バス(K路線)約6分「曽我堂上」下車。

玉簾(たまだれ)の滝・飛烟(ひえん)の滝

天成園の庭園には、玉簾の滝(高さ約8メートル・幅約11メートル)と飛烟の滝(高さ約20m・幅約10メートル)が涼やかに、力強く流れ落ちており、パワースポットとしても人気。荻原井泉水(おぎわら・せんせんすい)や与謝野晶子などの俳人にも愛された庭園は、紅葉スポットとしてもおすすめ。2つの滝の奥には、縁結び、水の守り神として知られる箱根神社の分宮「玉簾社」(江戸時代創建)があります。

アクセス
箱根湯本駅から徒歩約15分。

箱根町立郷土資料館

箱根が湯治場から観光温泉地として移り変わっていく様子や、箱根の歴史・文化に触れることが出来ます。年に数回、特別展や企画展も開かれます。

アクセス
箱根湯本駅から徒歩約8分。
TEL:0460-85-7601

箱根北原おもちゃミュージアム

TV「何でも鑑定団」でお馴染みの北原照久氏が40年にわたって集めた明治・大正・昭和の玩具を中心としたコレクションを展示。

アクセス
箱根湯本駅より徒歩約5分。または駅前から無料送迎バス約1分。

フォレストアドベンチャー・箱根

自然の立ち木をそのまま使った冒険の森。標準的なコースで35~40のアクティビティが体験できます。

アクセス
箱根湯本駅より徒歩約12分。または駅前から無料送迎バス約3分。

PAGE TOP

箱根湯本をもう少し探訪

白石地蔵

箱根湯本駅舎の裏の細い道を5分ほど歩くと、「白石地蔵」という小さな社があります。その近くの岩壁には、鎌倉時代後期に彫られたといわれる白石地蔵があります。往時の旅人たちはお地蔵さまに旅の安全を祈ったものですが、この白石地蔵の前でも多くの人たちが手を合わせたことでしょう。
実は、この道は、いにしえの街道の一部であり、現在ある電車の路線や国道一号線は、明治以降に開かれたものなのです。

アクセス
箱根湯本駅より徒歩約5分。

湯本見番

箱根湯本芸能組合の事務所&稽古場。帯で作られた緞帳がかかり、寄木細工をイメージした舞台では、芸妓さんたちが日々、お稽古に励んでおり、公開稽古時には、通りからもお稽古の様子を見ることが出来ます。公開稽古日はお問合せください(TEL:0460-85-5338)。

アクセス
箱根湯本駅から徒歩約5分。

明治の香る建造物

萬翠楼福住(国指定重要文化財)
寛永2年(1626)に創業。明治12年(1879)、10代目主人の福住正兄(ふくずみ・まさえ)が西洋建築と数奇屋造りが融合する、意匠をこらした建物・萬翠楼と金泉楼を完成させました。「萬翠楼」の名は明治の重鎮・木戸孝允(桂小五郎)によって名づけられたものです。

アクセス
箱根湯本駅から徒歩約7分。

吉池旅館別荘
吉池旅館別荘は、三菱グループ二代目社長・岩崎彌之助の箱根湯本の別邸として、明治37年(1904)に建築された和館であり、明治期の箱根の和風別荘建築を代表する建物です。往時の佇まいを残す広い庭園は、四季折々、美しい景観を見せてくれます。

アクセス
箱根湯本駅から徒歩約6分。

暁亭
懐石料理の店として知られる暁亭は、明治の元老・山縣有朋公が、明治40年(1907)、小田原板橋に建てた別荘「古希庵(こきあん)」の一角に貞子夫人のために設けた離れ家。「暁亭」は、昭和61年(1986)に取り壊されることになりましたが、湯本ホテルが移築保存したものです。

アクセス
箱根湯本駅から徒歩約20分。

水力発電の碑
須雲川にかかる橋のほとり(ホテル吉池の玄関前)にあります。実はここ湯本では京都の蹴上発電所に続き明治25(1892)年、全国で2番目の商業用の水力発電所が作られ、送電を開始。国産の機械を使用したのはわが国初とのこと。湯本と塔之沢に電灯が点ったとき、電気を知らなかった宿泊客はその明るさと美しさに驚いたそうです。

アクセス
箱根湯本駅徒歩約6分。

PAGE TOP

湯本商店街ぶらり散歩

箱根登山 名産店「箱根の市」
箱根湯本駅改札口の前にあります。小田原、箱根地区の名物・名産品や、箱根にある4つのホテルのお土産、大人気の電車グッズもなど、たくさんの商品に心ウキウキ!箱根のお土産は完璧です。

ベーカリー&デリカテッセン
箱根カフェ

箱根湯本の駅ナカカフェ。ホームが見えるカウンター席が旅の気分を盛り上げます。小田急グループのホテルがプロデュースする自慢の焼きたてパンやコーヒー、箱根プリンも味わえます。

箱根カフェ スイーツショップ
箱根湯本駅改札内にあります。こだわり食材を使用した、話題の箱根名物「箱根ロール」と「箱根プリン」はここでしか買えません。

箱根登山名産店 湯本駅前店
(海鮮市場)

小田原や伊豆方面の近海で水揚げされた新鮮な魚の「干物」専門店。他にもお土産がいろいろ揃っています。

湯もち本舗 ちもと
白玉のお餅に羊羹が入り、ほんのりとゆずの香りがする「湯もち」が人気。併設のカフェがおしゃれです。

まんじゅう屋 菜の花
温泉まんじゅう・月のうさぎが人気です。ギャラリーのような2階の茶房もオススメ。3階は「そば切り十六夜」です。

藤屋
芸術品からお手頃なものまで、美しい寄木細工の商品が並んでいます。こけしなどの民芸品や木製パズルなどの知育玩具もあります。

ピコット箱根湯本駅前店
あじさい橋のたもとにある、湯本富士屋ホテル直営のテイクアウトショップ。人気のホテルパンやスイーツの他、ホテルブランドのカレーなども購入できます。

杉養蜂店
蜂蜜屋さんの名物、「はちみつソフトクリーム」は外国の方にも人気です。

画廊喫茶ユトリロ
スパイスが効いたカレーが絶品。レトロな空間の中、壁一面に飾られたユトリロの絵を鑑賞しながら贅沢なカフェタイムを。

元祖箱根まんじゅう丸嶋本店
創業100年、行列のできる饅頭屋さん。黒蜜入りの薄皮饅頭は甘さ控えめのこしあんで、黒砂糖が香ばしい。

PAGE TOP